ハッピーケアメンテにはそれぞれの利用者の要望にしっかりと応えるために電子カルテを作成するというサービスが含まれています。この電子カルテには衣服に関するさまざまな情報が登録されるのですが、それと同時に要望も登録されるようになっています。この電子カルテによって衣服を預かるところから実際に届けるところまで一元管理できるようになっています。それぞれの工程に関わる社員が電子カルテを常に共有できます。これによって、それぞれの要望をしっかりと実現することができるのです。重要な情報を共有することによって素晴らしい業務を進めることに成功しています。

医療現場においてはカルテを作成して情報を提供し、説明責任を果たすことが重要だとされています。ハッピーケアメンテはこれを衣服のサービスにおいて実現したものなのです。インフォームドコンセントを実現するための方法として電子カルテの作成が行われています。現場のプロによってそれぞれの衣服は丁寧にチェックされていきます。それによって衣服の状態を細かい部分までしっかりと電子カルテに入力することができるのです。衣服一品ごとに登録されるようになっています。そしてそれぞれの衣服についてカウンセリングを実施するというサービスも提供しています。その際にはハッピーケアメンテの行う衣服の洗浄方法についてリスクもきちんと開示するのです。このような誠実な姿勢でサービスを提供しているため、多くの方を満足させることができるのです。電子カルテ作成はサービスの最初から最後にいたるまで継続して行われます。このようにしてハッピーケアメンテは入り口から出口までの情報をすべて利用者と共有しているのです。これによって満足度の高い良質なサービスを実現しています。

ハッピーケアメンテを利用する人は電子カルテの作成を必ず受けることになります。大切な衣服についての情報を正確に登録してもらい、それに基づいて具体的な衣服のケアの方法を考えてもらうことができるのです。このような仕組みが整っていることはとても評価されています。ハッピーケアメンテが多くの方に受け入れられている理由の一つといえるでしょう。これからもハッピーケアメンテはたくさんの人達に利用されるサービスとなるでしょう。電子カルテという制度がある点は特に評価されているのです。専門家の意見を聞くことができて、電子カルテによる正確なサービスを期待できます。